Bainary Option Verify Inspection

心理戦と検証がFX・バイナリーの聖杯である

9月20日 リアルタイム相場分析(3)

現在20:30過ぎ

USD/JPYはだんだんと値を戻してきました。

107.978付近のゾーンは消化してしまったので、

次は108.015付近のゾーンをどう抜けてくるかですね・・・

もうエントリーはしませんが。

 

午後から良い感じで失敗箇所があったので、

ブログを書くのが遅くなりましたが、載せておきます。

f:id:B_O_V_I:20190920200607p:plain

USD/JPY 1分足 9月20日 15:00頃の様子

 

f:id:B_O_V_I:20190920200725p:plain

USD/JPY 1分足 9月20日 15:00頃拡大

 

1つ目、黄色いゾーン下限下抜けで本来ならhighエントリーの場所。

いつもだったら絶対エントリーしていたと思います。

ですが出来高について勉強しているときに身についたのが(まだまだですが)

インサイダーの動きを見破る・勘付くということ。

この場合、下落することを先に知っている投資家がいるということですね。

チャート上で怪しいと書いている部分・・・

出来高をチャートに表示していませんが、

・それまでのレンジに比べて急に出来高が増えている

・実体が小さく上ヒゲが並んでいる

以上のことからそこの部分は売集めているのではないか・・・・

と、悩みながらエントリーをスルーしました。

結果、

 

見事的中!

 

まあ、まぐれかなと思いますが・・・実際どうなのかはわからない・・・

 

ただ、この後の下落は要人発言によるものだったので

あながち間違ってはいないのかなと思います。

分析方法があっているなら大きな成長ですね。

今後もぜひわかりやすくローソク足を形成していってもらいたいです(笑)

 

2つ目のhighエントリー狙いですが、ここは前にも書いたとおり、

「手前で足踏みしたら要注意」の場所です。

チャートを追っかけていた時は、

 

微妙な足踏みだな・・・

ゾーン上限で勢いなくなったかな・・・?

同時線が出た次ぐらいで勢いのある陽線でないかな・・・?

 

とか思っていたら高値を一気に抜けていく大陽線・・・

 

一瞬でエントリーは中止。

長い上ヒゲを作りましたが、流れはやはり上向きでしたね。

今回は大陽線に救われました。

 

2つともデモ口座を出してスクリーンショットを載せても良かったのですが

邪魔だったので止めました。

チャート見ればわかりますからね。